fc2ブログ

たまにはDTM

忘れてしまいそうなので、

たまにはDTMについても触れておきたいと思います。

DTM 

desktop musicの略ですね。

今、レコーディングをしているミュージシャンの皆さん

その多くの方が、某かのDTMソフトを利用されているかと思います。


また、楽器の演奏ができなくても、

MIDI

を利用して、楽曲の制作などができます。

いわゆる“打ち込み”というものですね。


DTMソフトを購入したはいいが、

全く使えていないと仰る方にもよく出会うのですが、

今回は、ほんの少しだけアドバイスというものを、

させていただければと思います。


私の場合は、CUBASEというソフトを使用しています。

とても便利な優れもので、

全く知識のない状態で購入してから、

一か月ほどで5曲ぐらいレコーディングをしました。

そのぐらい親切で便利なものでした。


ただし、

そのためには、こういったソフトに関する知識以前に、

ある程度持っていなければならないスキルがあります。


① 基礎的な音楽の知識

MIDIを利用する場合、

実際に5線譜に音符書き込むわけではありませんが、

5線譜を書く程度の基礎知識は必須です。

頭の中で創作したメロディーを、

そのまま5線譜におこせて、

尚且つ、どんなコード展開であるのか、

頭の中でもまとめられる、

そこまで学んでおくととても便利です。


②音響的な知識

マスタリングの過程で、

アナログな音響卓に似せた、

議事音響卓のようなものが出てきて、

それを操作します。

つまり、音響卓を扱える知識が必要になります。



そう考えると、

DTMソフトを利用して音楽制作するためには、

やはり、実際に音楽を学び、

自らが演奏などを行い、

音響卓などを操作した経験がないと、

なかなか使いこなせないものであることがわかります。


私も、DTMソフトに関して、

専門家と呼べるほど精通はしておりませんが、

上記の経験があったがため、

比較的簡単に利用することができました。


DTMソフトを購入したは良いが、

①②のあたりで躓いてしまったという方は、

DTMを扱うものとしての視点から、

そのあたりの必要な基礎知識を、

私のわかりうる範囲で情報提供させていただきます。


ご遠慮なくご相談ください。


わからないことは、

わからない!

とキッパリお伝えするかもしれませんが。(笑)





スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Creator’s Cafe

Author:Creator’s Cafe
愛知県岡崎市羽根東町2丁目6-6
電話 0564 - 77 - 2220
席数 通常15席
機材 CUBASE5/
音響卓 MG166CX/
スピーカ BR12/
軽食 パスタ/バゲット他
飲物 ウイスキー/ビール/コーヒー他

貸切イベント大歓迎!!!
飲み放題プランも可

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
最新トラックバック
クリカフェ
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR