fc2ブログ

邦画レビュー 山田時代劇

藤沢周平&山田洋次の

時代劇3作品も立て続けに観てみました。

“たそがれ清兵衛”

“隠し剣鬼の爪”

“武士の一分”


うん。

全部同じ話じゃん。(笑)


どこかの藩に、清貧を絵にかいたような平侍がいます。

そして彼を支える健気な女性。

その侍に理不尽ともいえる藩命が申し付けられます。

藩命には逆らえない侍とその周りの人々

しかし、その侍は剣の達人であった。


基本、みんな同じ設定です。

サラリーマン社会の悲哀を、

そのまま時代劇に落とし込んだ

そんな作品群ですね。


しかし、同じテーマの作品を何度も撮る、

これは、寅さんや釣りバカ日誌をシリーズ化して作り続けた、

山田監督でなければできないでしょう。


さらにストーリー自体は、

30分でもまとめられるんじゃないかと思うほど

シンプルなものです。


登場人物の多様化と、

複数の視点に立ち物語を描いていく手法が、

多く採られるようになっている近年の映画界の傾向、


こういうわかりやすい作品は、

今後生まれて来ないかもしれないですね。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Creator’s Cafe

Author:Creator’s Cafe
愛知県岡崎市羽根東町2丁目6-6
電話 0564 - 77 - 2220
席数 通常15席
機材 CUBASE5/
音響卓 MG166CX/
スピーカ BR12/
軽食 パスタ/バゲット他
飲物 ウイスキー/ビール/コーヒー他

貸切イベント大歓迎!!!
飲み放題プランも可

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
最新トラックバック
クリカフェ
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR