fc2ブログ

コードというものについて2 J-POPとROCK

J-POPとROCKの違いをご説明いたしましょう。

社会背景とか、思想などといった要素は除外し、

純粋に音楽理論の部分、

今回は和声にだけフォーカスしてみたいと思います。


J-POPの多くは、

単一のダイヤトニックスケールの中で展開されていきます。

簡単に言うと、ドレミファソラシドですね。

そのダイヤトニックの構成音に対応した3和音、もしくは4和音

で構成される和音がダイヤトニックスケールコードですね。

特に最近では、

そのコード展開に、“売れる”コード進行

というものがあるようで、判を押したように

使いまくられているようです。

IV△7 → V7 → IIIm7 → VIm


では、ROCK

はどうなのか。

この場合のROCKとは、

ROCKが生まれた頃の古典的なものを指していると思ってください。

源流にはBLUESがあります。

この音楽の特徴は、

ペンタトニックスケールにあります。

ドレミ ソラ ド

ですね。

日本の童謡でも多くのものがこのペンタトニックで

作られていますね。


そして、このROCKというものは、

ふたつのペンタトニックが折り重なるように、

同時に使われているんですね。

例えば

KeyがCならば

C D E G A C というメジャーペンタと

C E♭F G B♭C というマイナーペンタが

同居しています。

コード進行では、

C → F → G7 → C 

というダイヤトニックのスリーコードと同時に

C → B♭ → E♭ → C 

というCマイナーのダイヤトニックスケールコードが

頻繁に登場することになるわけです。


だから、

ダイヤトニックスケール主体のJ-POPが、

どんなに荒々しくビートを刻んでも

Rockにはならないんですね。


ご参考になりましたか?
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Creator’s Cafe

Author:Creator’s Cafe
愛知県岡崎市羽根東町2丁目6-6
電話 0564 - 77 - 2220
席数 通常15席
機材 CUBASE5/
音響卓 MG166CX/
スピーカ BR12/
軽食 パスタ/バゲット他
飲物 ウイスキー/ビール/コーヒー他

貸切イベント大歓迎!!!
飲み放題プランも可

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
最新トラックバック
クリカフェ
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR